エッチングガラス メバルとシャチ (建築・店舗アートガラス)

メバルです。煮付けにするとおいしいです。

和食のお店に設置したエッチングガラスの一部分。鳥に比べると魚関係は少数ですが、和食関係の店舗ではリクエストがあります。以前にご紹介した蛸や海老などはお寿司屋さんでした。

南国好きな方はトロピカルフィッシュ、または淡水の熱帯魚、エンゼルフィッシュなどのリクエストもありました。

自分は鳥よりも魚のほうが詳しいかもしれません。HRさんと熱帯魚を数十種類飼い、水槽も1.2mや1mちかいものを4本くらいで飼っていましたが、しまいには部屋の壁紙が湿気で剥がれてきてしまった。

小さなものはメダカくらい、大きなものは50センチくらいの肉食魚。甥、姪が来て、「わ~、金魚さんだぁ!」と言っている金魚を肉食魚に食べさせたら、ワァ~ワァ~と泣いておった。食物連鎖、弱肉強食のお勉強。

今はお休み中です。理由は世話の時間と覚悟がいまひとつ、とれないこと。しっかりと水質管理と状態をキープするのは、かなり大変な趣味です。いつか再開はしたいと思っとります。

そのときの仕事仲間のHT氏は30数年ず~と飼い続けて、今はフクロウと矢毒カエル。矢毒カエル、卵生んだって言っとりました。車の助手席にフクロウ乗せて、仕事しとります。素晴らしいです、尊敬!

こちらはシャチ。

メバルは透明ガラスですが、シャチはミラーに彫刻。表面から彫っているので、ベースのミラーに映ってます。シャチ、カッコイイです。

鴨川シーワールドでシャチのショーを見たときには、シャチよりも水中から飛び出て何度も空中に舞っているお兄さん、お姉さんの疲れ知らずに感心、感動。

若いって、それだけで才能です。