ガラスアートいろいろ(建築・店舗・住宅アートガラス)

ガラスアートは悩んでしまうことが、ままあります。ここ数日、納期と仕様でガラスアートを非常に悩んでいる日々を送っています。

エッチングガラスやステンドグラスは、制作納期や重さ、大きさの悩みですが、またそれほどではありません。悩み多いのは、ガラス板を使った、ガラスアート。

重さや大きさ、組み立て方の困難さ、そして安全さ、そして時間の足りなさ。

過去に制作したガラスアートです。

ワイド1,5mを4列、高さは4m、屋上です。大変なのは安全と枚数が2000枚を細かくカットする制作時間、そして取り付けが関西だったこと。7名8日間、カンズメでした。

 

こちらはワイド3m20センチ、高さは4m。ワイドは3m超えるとそれはそれは超大変。

上の写真とともに、外部なのでガラス一枚一枚、接着してます、外で。雨降ったら仕事が出来ません。

こちらも関西、7日間、カンズメ。遠かったッス。

これはショッピングセンターの中央柱にガラスをS字上にしたものを、下から重ねています。枚数で300枚くらいでした。

いやー、細かい寸法が合わないこと。

このように板ガラスを使ったアートガラスは、思った以上に大変。特に大きいとより大変。

エッチング彫刻やステンドグラスですと、制作時間が読めますが、アートガラスは困難極めることが多いので、読めません。でも納品期日は決まっています。

もう少し、悩みの日々は続きそうです。