みなとみらいエッチング(抽象的なデザイン)

抽象的なデザインのみなとみらい、フッ酸加工が終わりました。

フッ酸加工とは、カラスの表面をフッ化水素で軽く溶かす作業です。劇薬で吸い込んだら肺が焼けます。溶かす煙が肌にあたると、やけどします、確かです。

40年前に無謀にもマスクして外でフッ化水素をかけて煙が腕にあたり、数日痛かったですから。昔は社会全体がゆるかったっす。

ですので、認可された専門工場でしか出来ません。神奈川県と東京都はもう認可されないので、専門工場はありません。

フッ酸加工すると、ガラス表面が光って綺麗です。

波の部分は上をケシで下を透明、グラデーション加工ってやつです。

W 1,4mくらい高さ1,8mくらいが3枚、全体に特殊な模様があり、けっこう大変。

このあと飛散防止フィルム加工になります。

もう7月、早いものです。ところで万博は間に合うのでしょうか?

しかもガス爆発したり、ヒアリ、見つかったり。

「壁に耳あり、障子にヒアリ」怖ぇ~よぅ。