室内ドア 彩色 エッチングガラス

オリーブの木をエッチング彫刻したあとに専用の色材で彩色しています。様々な工房で彩色エッチングガラスを見ますが、いまひとつ艶っぽさというか質感が塗り絵のような感じのエッチングガラスが目立つと自分は感じます。

立体感が欲しいので、今回は8色、使用しています。オリーブの実の白い、ハイライト部分、これがなかなか難しいんですよ。

でもハイライトがあるのとないのでは、インパクトさで雲泥の差がでますんで、一生懸命、がんばるんです。

このガラス専用色材を手加工でグラデーション彩色していきますと、艶っぽさと奥行き感の質感がでます。 また大切なことで剥離はしません。 

耐候性があるとはいえ、徐々に色が薄くなっていくので外部はお勧めしません。技術の結晶の塊の車の塗装でさえ、年月で退色していくので、色は仕方がありません。室内や直接太陽が当たらない場所でしたら、なんら問題はありません。

今回はさらに空間にクリアなスワロフスキーを接着してキラキラさせてます。 同じデザインは使わない、という工房もあるそうですが、当工房は好評なデザインはがんがん使っていきます。 そこに更にアイデアを組み込めれば進化していきます。

真似されるくらい、好評なデザインです。ON女史デザインのロングセラーです。

ベースがくもり、フロストベースですので外からの光がやわらかく入り、プライバシーも守れていい雰囲気に設置できました。 注文されたSさんから「デューさんに頼んでよかった」のひと言をもらい、制作の苦労が溶けていき、うれしい限りです。