熱帯魚アートガラス

6月に入り、さすがに蒸し暑くなってきました。爽やかなエッチングアートガラスのご紹介を。

伊豆のリゾートホテルロビーに設置したガラス造形です。高さは2mくらいで1,4x1mくらいの楕円の台に、30センチほどの熱帯魚を曲げガラスに立体的に彫り薄く彩色、ガラスパイプは刺して立てています。結構でかいです。

丸いのは25ミリほどのビー玉、1000個くらい。苦労したのは台の白い部分、これも特殊なガラスです。

熱帯魚はシンプルな彫り方でも、使いようで爽やか。彫刻は様々な仕様があるので、最適な表現を模索します。

今年の夏は、やはり猛暑なんでしょうか?若いころは夏がテンション上がりましたが、毎年の高温多湿だとうれしくなくなりましたよ。

昨日、海沿いを走っていたら、海の家を建ててました。あ~夏が来るんだねぇ~。