エッチングガラスの極楽鳥花

ハワイアンエッチングガラスの極楽鳥花です。

リクエストは極楽鳥花オンリーで、動きがあるように、でした。 多くのハワイアンエッチングのデザインはあえて動きのあるようにするパターンが多いです。一つ一つを写実的にするよりも、全体で動きがあるデザイン提案が採用されることが多いように感じます。

細かく葉脈のスジを入れず、動きのある大きいパターンでの葉脈にしました。この場合はシンプルなモチーフですので陰影加工をすることで立体感が出ます。

極楽鳥花はオイラも大好きな花のひとつですが、日本の冬は厳しすぎて外に出したら枯れました。  室内でも花は弱々しくて、なんか残念。 

アートガラス、このときはエッチングガラスの仕事で、ハワイのハワイ島に行けたときに、住宅に咲いている極楽鳥花がそりゃもう活き活きとして、オレンジの色も鮮やかでした。

それから人気のモンステラの葉、穴があいてるやつ、それもカウアイ島で見たら一枚の葉っぱが80cm以上あり、高さなんて20mはあり、びっくらこいた。

やっぱ暖かいとでかくなるんだな、と思いました。 ハワイ人もでかい(背でなく体型が)ですもんね。 

参考でハワイ諸島のニイハウ島は個人の所有で今でも昔ながらの電気無い生活を200名ほどのネイティブが送っているそうです。 

そこで作る貝の飾り、「ニイハウシェル」がそれはそれは細かくてきれいでお高い。

HRさん、思い切って買っちゃってました! 「・・・え~い、買っちゃえ! なかなか来れないんだから。」